園芸の知識|苗木を立派に育てるにはさまざまな準備が必要

男女

植える時期

お花

家庭菜園で作物を植える、もしくは花の種を植える時に関して、初心者がやってしまいがちなミスがあります。それが、植える時期です。花や作物には時期というものがあり、その時期を外れてしまうと元気に育つことはありません。例えばアネモネは2月から5月にかけて開花しますが、6月に球根を植えたとしても咲くという保証は全くありません。農作物ならばビニールハウスで温室栽培を行えば冬でもスイカは採取できるかもしれませんが、維持費などのコストが非常に高く付き、販売して収入を得ようとしない趣味の範囲でやるには明らかに趣味の領域を超えかねないため、お薦めはできません。
種を植える時に重要なのは、前述したとおり時期です。インターネットで検索すれば基本的に種を植える時期というのはすぐに分かります。大体は、夏に花が咲く花は春先頃に植えることになり、冬から春にかけて咲く花は秋ごろに種を植えることになります。その間、肥料を足したりこまめな水やりをして育てていくことになります。なお、最も栽培が楽な植物として有名なのがミントです。ミントは生命力が凄まじく強く、厳しい環境でも育ちやすいハーブです。具体的には、ミントを引っこ抜いたとしても、地面に根っこが残っていればまたそこから成長していくほどであり、極端な話放っておいても成長し続けます。しかし、よく嗅ぐあのさわやかなにおいを味わいたい場合はきちんと正しく育てないといけません。野生化したミントは香りがなくなってしまうからです。