園芸の知識|苗木を立派に育てるにはさまざまな準備が必要

男女

バラを育てる

フラワー

ガーデニングをする人では、バラを育ててみたいと思う人は多いのではないでしょうか。バラは美しさの象徴でもあり、女性に人気の高い花でもあります。そのため、ガーデニングで栽培してみようと思う人は多いのですが、意外とバラは難しく、初心者が行おうとすると結構な確率で失敗します。しかし、今ではそれは過去の話になりつつあります。現在は初心者向きの育成方法のノウハウが確立され始め、簡単に育てるものもあります。よって、初心者でも立派な花をつけることは決して難しくはありません。
まずは、種まきです。バラは低温じゃなければ発芽しないという珍しい花であり、2ヶ月ほど冷蔵庫で冷やす必要があります。そして3月頃に植えてこまめに水やりをします。発芽には個体差があるのでとにかく発芽するまではこまめに水をあげ続けましょう。なお、この時の一度に大量にやり過ぎると根腐れをおこすので気をつけましょう。コツとしては、地面が乾いていたら多めにあげるという感覚で大丈夫です。肥料に関しては通販やホームセンターでバラ専門の肥料があるのでそれを使っていきましょう。その後、発芽してからはまた色々とやらなければならないことが多いため、病気や害虫対策もきっちり行い、育てていきましょう。ちなみに、バラには花言葉があり、赤い花は情熱、黄色い花は嫉妬を意味しているといわれています。また2004年に新種として誕生した青いバラは奇跡を意味しています。どれも種や苗は通販で購入可能です。