園芸の知識|苗木を立派に育てるにはさまざまな準備が必要

男の人

道具を揃える

土とスコップ

ガーデニング用品は、揃えようと思ったら様々なものがあり、ホームセンターで揃えようと思ったら買い逃しがあったりかさばるので持ち運びが大変な場合があります。そのため、ネット通販のほうが便利な場合が多いです。

Read More..

バラを育てる

フラワー

バラは多くの人に人気のある花です。しかし、育てようとした場合少々難しいため、インターネットや本を片手に見ながら育てていくことをおすすめします。また、色も注意しましょう。

Read More..

植える時期

お花

野菜もしくは花の種というのは、植える時期を把握しておかなければなりません。ビニールハウスで温室栽培というのも可能ですが、コストも高くつくので趣味でやるぶんにはお勧めできません。

Read More..

木から育てる

ガーデニング

もし、苗木から作物を育てようとする場合、非常に長い年月機と向き合う必要があります。育成状況は悪く無いか、害虫が巣食っていないか、栄養は足りているのだろうかなど様々なことに注意を払わなければなりません。しかし、苦労した分努力が報われるのも苗木であり、立派に育った木や作物は子供のように感じることが多いです。よって、園芸が好きなのであれば、ライフワークとして苗木から育ててみてはいかがでしょうか。
苗木は、基本的にホームセンターか通販サイトで購入できますが、通販サイトのほうがバリエーションは豊かですし、珍しい苗木が販売されていることもあるので通販サイトで購入してみましょう。苗の植え方ですが、時期としては12月頃から3月の間に植え付けを行うことが推奨されていまが、果樹苗によって微妙に植え付けのタイミングは前後するので、育てたい苗が決まっているのであればその苗の育て方を検索してみましょう。この時に気をつけるべきポイントは、苗木が届いた場合すぐに植えるということです。根っこが乾燥すると枯れる可能性があるからです。前準備として、60センチ程度の深さの穴をほっておき、掘った土は堆肥と混ぜあわせておきましょう。そして、苗木を植えたらその土で蓋をして植え付けは完了です。その後も、育てる樹木によって育て方は異なりますので注意しましょう。植える場所としては日光が当たるところが好ましいです。日が当たることにより、苗木はすくすくと成長します。